HOME 心理カウンセラーになるには

心理カウンセラーを仕事とするためには心理学という専門の学問を身に着ける必要があります。
心理学は大学において学ぶことができ、大学で基礎を、大学院において実践的なことを学ぶことになります。
カウンセリングには知識だけでなく、人の心を開くという技術も必要になるため、実践は非常に重要な要素を占めているのです。

実践ができれば資格を取得することができます。
心理カウンセラーではこの資格取得というのも重要なのでしっかりと基礎を身に着け、活かせるようにしたいものです。
また、資格だけを取るということも可能です。
心理カウンセラーを学べる専門学校はたくさんあるので、そこで技術を身に着けることができればそのまま資格取得ができます。
ただし心理カウンセラーというのは国家資格ではありません。
民間の資格になるので資格がない方でも心理学の知識が多少でもあればカウンセラーと名乗ることは可能なのです。



しかし実際に仕事としてカウンセリングしている方には信頼があります。
それは2つの種類によって行われているからです。
まず実績がある方です。
長年の研究が学会などによって認められたとか研究実績を持っているなどです。
もう一つが民間資格の取得になります。
信頼のおける資格を最低でも1つは取得しているので、それに基づいてカウンセリングを行います。

現在活躍している心理カウンセラーのほとんどは民間資格をいくつも取得している方です。
それに加えて研究実績も認められているのですが、心理カウンセラーになろうと思ったらやはり資格取得は必須だといえるでしょう。

心理カウンセラーになるには!

心理カウンセラーになるには、いったいどの資格を取ればよいのかすぐにわかる一覧表が掲載されています。初めて心理カウンセラー資格にチャレンジする方は、通信講座でも取得可能な次の資格から検討されてはいかがでしょうか。
まずは、資料請求をしてより詳しい資料を手に入れましょう!



>>> 心理カウンセラー講座の資料請求(無料)&お申込みはこちらをクリック!